【PS4】ディアブロ3ROS ウィザードで遊ぶ【その2】

モンクのビルドも大体完成したので、今回は久しぶりにウィザードで遊んでみました。

いくつかセット装備を手に入れたので、色々と試して遊んでましたが一番気になったのはデルセアの最高傑作というセット。

2セット揃った状態で、GR(まだ25が限界)とNRを周回してましたがこれが全然出ない!

カダラおばさんのガチャからも全く出ない!

一番ひどかったのは、GR周回中、最後のガーディアンを倒してレジェンダリが全く落ちなかったという事態が2回連続で起きた時。

ジャキーン!っていう音が聞こえないあの悲しさよ…

話は変わって、なぜデルセアの最高傑作を集めているかというと、周回中にプライマスの仮面というものを手に入れたのが始まりです。

それまではスロウタイムなんて眼中に無く、ヒュドラ、ブリザード主体で戦っていたのですが、仮面にスロウタイムの全ルーンの効果を発生させるという能力が付いており、ちょうど良い頭装備も無かったので、せっかく装備するし、どうせならーとスロウタイムを使ってみることになりました。

これがまぁ楽しくて…デルセアセットを拾って効果を見てからは、これは集めたい!と本気で思わせてくれました。

まさに運命の出会いってやつです。

パッチ2.4.3に伴い、デルセアセットの効果を変更。

スロウタイムについて

ドーム型の設置スキル。

クールタイム15秒、効果時間15秒。

最大射程は60ヤード。

ドームの中にいる敵は、攻撃速度が20%と移動速度が60%減少する。さらになんと!敵の投射物の速度も90%減少するという素敵スキル。

矢はもちろんのこと、魔法や敵の吐く炎まで止まって見えるようになる。

もちろん当たり判定はあるのでそこは注意。

ただ、このスキル自体にダメージ判定は無い

ルーン

タイム・シェル

敵の移動速度が80%低下するようになり、クールダウンが15秒から12秒になる

疲弊

敵の攻撃力25%低下

タイム・ワープ

敵に与えるダメージが15%増加する

ノー・リターン

ドームに出入りした敵に3秒スタン効果

加速する時間

ドームの中にいる味方(自分含む)の攻撃速度10%上昇


デルセアの最高傑作について

苛烈なるガントレット、運命の道を行く者、神秘の脚甲、シュラウデッドマスク、洒落た絶望の肩甲、真実の装具からなるセット装備で、スロウタイムアーケインオーブエナジーツイスターマジックミサイルショックパルスに効果を及ぼす。

パッチ2.4でエクスプロシブブラストスペクトラルブレイドウェイブオブフォースにも効果が乗るようになりました。

効果

2セット

スロウタイム以外の上記スキルを使用すると、スロウタイムのクールダウンが2秒短縮される。

4セット

スロウタイムがその影響下にいる敵に毎秒2000%の武器ダメージを与えるようになる。

パッチ2.4で自分が受けるダメージが50%減少。味方に対してその半分の効果に変更。

6セット

スロウタイムの影響下にいる敵に、上記スキルで与えるダメージが750%増加する。

パッチ2.4で与えるダメージが2000%に増加。

パッチ2.4.3で与えるダメージが2800%に増加。


今のところ4セットまで揃っています。

スロウタイムにダメージ判定が付くようになってからは、設置しているだけで雑魚が溶けていくようになりました。

スロウタイムのダメージ判定はパッチ2.4で修正されてなくなりました。

該当スキル使用時のクールタイム短縮効果のおかげで、いたるところにスロウタイムが置けるようになり、5個以上設置できるように。

敵からしてみればドームに入ろうとしたらスタンするし、ドームから出ようとしてもスタンするし、ドームの中はものすごく行動遅くなるし、おまけに体力削られるしで、たまったもんじゃないと思いますが。(笑)

今のところ難易度はトーメント7まで、8は少しきつい感じです。

武器とスキルについては色々と試しているので、ある程度まとまったらまた書こうと思います。

2.4追記:

パッチ2.4で効果のあるスキルが増えたので、エクスプロシブブラストとスペクトラルブレイドとウェイオブフォースを使った近接系ビルドもできるようになりました。

ウィザードは防御系のスキルが多めなので、4セット効果の変更でさらに硬くなることが可能になってます。

2.4.3追記

こうやって過去のパッチから見てみると、6セットの効果にかなりの強化が入ったことがわかります。

4セット効果のダメージ判定が懐かしいと思う今日この頃。

パッチ2.4より前の頃、この4セット目の効果を見て面白そうだと思って使い始めたのがキッカケでした。

今ではアルコン系や火鳥ビルドが主流になってますが、まだ何かしら使えないかなと試行錯誤してます。

ではまた次回。

スポンサーリンク

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。