【Kenshi】どん底から這い上がる【その1】

お久しぶりです。

色々と事情があり、ブログの更新ができない状態でした。

やっと落ち着いてきたので、また書き綴っていこうと思います。

よろしくお願いします。

さて昨年の12月に、めでたく正式版としてリリースされたKenshi。

久しぶりにやりたくなり、どうせならまた新しくやろうというこで、今回はどん底でスタートすることにしました。

資金0、空腹状態、片腕無し。

とまぁ三重苦でのスタートになります。

高度な設定は敵勢力が攻めてくる頻度を上から2番目に設定して他は変更なし。

とりあえずキャラを作って開始!

降り立ったのは砂漠の真ん中。

本当に左腕がなく、資金も無く、装備すらない状態。

ちなみに名前は前世と同じくマサル。

前世の記憶からやることは大体わかってるので、まずは街を目指します。

目指すのはショーバタイ。

何も変更が無ければショーバタイの近くに銅鉱脈があったはず。

記憶を頼りに進みます。

道中で敵に襲われたら確実にゲームオーバーなので慎重に移動。

走るマサル。

特に何事もなく街に到着することができました。

当面の目標としては

1.資金集め

2.仲間集め

3.服を着る

4.左腕をなんとかする

5.拠点を作る

この5つ。

とりあえずショーバタイの酒場で仲間になりそうな人を探します。

すると、前世でもお世話になったイズミを発見!

医療と科学のスキルが高く、回復役と研究員として優秀。

雇用するためには資金が2500必要になります。

街の近くに銅鉱脈があるのを発見していたので、早速そこで採掘を始めて資金稼ぎ開始。

街から近いので比較的安全ですが、たまにやってくるスキマーに倒されたり、人狩りに奴隷にされたりするので、気持ち程度の隠密状態で採掘します。

右腕1本で採掘するマサル。

目のマークが赤いのは誰かに見られてる証拠。

明るいうちは見つかりやすく、夜になったり暗いところだと見つかりにくいです。

採掘中に1度スキマーが近づいてきましたが見つからなかったようでどこかに去っていきました。

さて、ある程度採掘したので早速売却へ。

相場は売買共に100%を超えていたので一安心。

街ごとに相場が違ってたりするので、安く買って高く売るという稼ぎも可能です。

ひたすら採掘→売却の繰り返しをして資金を稼ぎました。

一番安い食料のドライミートも買えたので空腹も改善。

故買屋

以前は取り扱ってる品物などはなく、盗品を買い取る専門の人でしたが、ランダムで装備などを1品だけ売ってるようです。

しかも50%オフ。

今回は忍者の覆面を売ってたので早速購入。

ダサイ…。

忍者の覆面というからには目だけ出してるものだと思ってたよ…。

なぜ側面で結んでいるのか。

あれか?最近の忍者の流行なのか?

そんなこんなで資金集めは続く。

目的までの道のりはまだ遠い。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください