【Kenshi】プレイ日記2【鉱石売買と仲間加入】

採掘に手を出し始めたマサル。

金策をして仲間を増やしたり食料を確保するためにひたすら稼ぐ。

そんな感じの第2回の始まりです。

マップを見てみよう

そういえば周辺地域はどうなっているのだろうと、マップを確認してみました。

砂漠地方の町は他にもいくつかあるようです。

他の町へ行ってみてもいいかなと思いましたが、まずは色々と準備しておいたほうがいいだろうなと、採掘作業を続けることにしました。

なので、相変わらず銅を掘って売っての繰り返し。

スキル

一応キャラにスキルがあり、走ったり採掘したり戦闘したりすると上がっていくようになってます。

採掘をして町まで走っていって店で売ってを繰り返していたおかげで全てのスキルが1だったたマサルも少し能力が上がってました。

戦闘は全くやってないので、労働スキルと運動スキルしか上がってません。

運動スキルは走り回ったりすることで上がっていって、移動速度が上がります。

所持重量が限界を超えるほど掘っては町に行って銅を売却を繰り返していたので、筋力も3に上がってます。

筋力は重い武器を振ったり、総重量が限界を超えた状態で移動することで上がります。

ダメージが上がったり、より多くの物を持っても軽快に移動することが可能。

総重量。

これが最大値を超えると負荷なしの状態から重い状態となり足が遅くなります。

筋力を上げると最大値が増えていって、多少の重さでも耐えられるようになります。

バックパックを購入する

休憩がてら町を見て回った時にバックパックを売ってるお店があったので、仲間を雇うより先に大型バックパックを購入することにしました。

自分のインベントリの枠が少なく、同じ物を重ねることができない。

インベントリが一杯になるのが結構早く、鉱脈と町を往復するのが手間だったので、これで少し楽に。

…楽に!

敷き詰められた銅。

総重量なんて気にしない。

食料や素材などは平均価格と販売価格、売却価格があり、価格推移まで設定されてます。

近くの町で店に銅を売ると、平均価格180catに対し、194catで買い取ってもらえるので少しお得です。

大型バックパックは運動スキルなどの補正がマイナスになりますが、これだけの量を詰め込めるので鉱脈と町の往復が減り効率は少し上がったと思います。

所持重量はこれでもかとオーバーしてますが(笑)。

ついに仲間が増える

そして6000catを貯め、町の酒場に行き仲間を増やしました。

1人目はサンズという名前の女性キャラ。

某戦わなくてもクリアできる有名なあのゲームに出てくるキャラではありません。

仲間に出来るキャラも容姿などを変更できるみたいなので、適当にやって完成!

スキルは戦闘関連のものが高め。

とはいえ、まだ戦闘をする気はないので採掘業に…。

2人でやるので効率アップ!

マサルが町で売買してるときもサンズが採掘をしてくれます。

ただし食費も2倍!

部隊名が変更できるみたいだったので労働隊と命名。

複数の部隊に分けられるみたいですが、さすがに2人しかいないので、まだその必要はないかなといった感じです。

しばらく金策をした後、酒場を回って他に仲間になりそうな人達に話しかけて2人目を仲間に。

2人目はイズミという名前の女性キャラ。

回復と科学スキルが高かったので回復要員として重宝しそうです。

キャラの容姿は変更できず、即部隊に加入となったので固有キャラなのかなと思いました。

3人目を仲間に入れ、もう少し稼いで4人目を増やそうと3人で銅を採掘することにしました。

が、この鉱脈は2人までが限界だったようで1人手持ち無沙汰な状態に。

サンズとイズミで採掘してマサルは町で取り引きという形に。

ある程度稼ぎ、食料も余裕が出てきたところで4人目を勧誘しに酒場へ。

3000catで雇えるフィシュという女性キャラを仲間に加えました。

ただしスキルは全て1。

とりあえず容姿を少し変更して部隊に加入!

どう見てもフィシュが男に見える…。

部隊を分けてみる

4人になったところで、お試しで2:2に分けて活動させることに。

部隊名:労働隊 マサル、イズミ。

部隊名:戦闘民族 サンズ、フィシュ。

マサルとイズミは相変わらず銅掘り。

サンズとフィシュは周辺の町巡り。

こんな感じで役割を変えてみようかなと。

ちなみに今のマサルのスキルはというと…。

はい、完全に仕事一筋になりました。

おかげで他の3人より採掘速度が速いです。

とりあえずこの4人でしばらくやっていこうと思います。

そういえばマサル、ハーレム状態だな…。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください