【Kenshi】プレイ日記23【特殊な研究素材を求めて2】

やっと目的地の近くまでやってきました。

目的地付近で何かを発見したようです。

ちょうど自分が向かう予定だったところに何かあるようです。

近づくと見たことのない建物の廃墟が並んでました。

これはもしかしてもしかするのでは?と期待して行ってみると…。

ブラッドスパイダーの群れが!

ステータスは高いが体力が凄く低い。

ほぼ一撃で倒せるので余裕と思ってましたが、起き上がってくるのが早いので何回も戦うような感じに。

倒したそばから戦利品を剥ぎ取るしかない!と剥ぎ取ってましたが、その間に他のが起き上がってきてまた戦闘に。

あっさり倒せるけど何度も起き上がってくる厄介な相手。

それがブラッドスパイダー!

ブラッドスパイダーからの剥ぎ取りは獣の牙のみ。

なんとか全て剥ぎ取って全滅させましたが、こちらも結構な被害でした。

追加がやってきた。

さらに追加でーす!

ビークシングを1体見かけたら複数いると思えということでしょうか。

ブラッドスパイダーもビークシングも倒し、やっとのことで建物の探索開始。

原型を保っている建物が一軒、その他の建物は壊れてました。

相変わらず赤い雨が降ってます。

壊れた建物は破れた本だらけで特に珍しいものはありませんでした。

原型を保っている建物は扉が閉まっており、さらに施錠までされています。

ピッキング確率は1%。

さすがにこの確率ではピッキングできないようでした。

なので、開けるを選択。

武器で扉を攻撃して開けるらしい。

扉を開けている最中にビークシングがやってきましたが、1体だけだったのでなんとか撃退しました。

1体見たらなんとやら…。

最初に蜘蛛と戦ったところに居ました。ビークシング。

2体いましたが、1体はどこかに走っていってしまいました。

もう1体は死体を食べてます。

『頼むからこっちにくるな!』と祈りながら作業。

念のためにベッドを設置して回復。

あと少しで開く!

と思ったら

やっぱり来た…。

ボロボロの状態でなんとか退治して、扉オープン!

内部はこんな感じでした。

棚にはやぶれた本や羊皮紙や古の地図などがありました。

そして、鍵のかけられた箱が…!

ピッキング成功率は8%。

成功!

ついにきました!古代の科学書!

あとはこんなものまで。

とりあえず地図を使ってみましたが、マップを確認してもどこが登録されたのか分かりませんでした…。

2Fもあり、鍵のかかってないチェストがいくつか置いてあったので調べてみると、こんなものが。

これも使うと地図を使った時のようにマップのどこかに何かが登録されるようです。

というわけで使ってみました。

孤島…。

泳いで行く必要がありそうです。

これで探索も終わったので、キャンプベッドを敷いて回復してから帰還することにしました。

この後、回復中にまたビークシングがやってきて必死で応戦して撃退。

キャンプベッドを建物の内部に設置して回復し直すことにしました。

ペットは建物内に入れないので、担いでおくことに。

十分に回復しきらない状態でやってくるので、本当に厄介なやつです。

なんでこんなにビークシングが来るのだろう、近くに巣でもあるんじゃないか?とマップを確認。

本当にあるじゃないか…。

とりあえずカメラだけを近づけて巣の辺りを確認したところ、ビークシングがたくさん居ました。

これが原因か…。

建物の中にいれば大丈夫だったようで、やってくることはありませんでした。

全員が回復したところで拠点に帰還します。

気づけばあの赤い雨も止んでました。

帰還は砂漠方面を通ったので意外とあっさり。

久しぶりの拠点で一安心。

まとめ

今回の遠征はなかなか厳しいものがありました。

主にビークシングのせいで…。

回復しきらないまま戦闘になることが多く、今回は全滅するかもしれないとヒヤヒヤしてました。

メンバーのステータスを上げておいて良かったです。

無事に古代の科学書を手に入れることができて良かったです。

さらに上の技術研究にはこれが4冊要るので、先にこれ1冊で研究できる武器製造(上級)を研究してもいいかなと思います。

ではまた次回。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください