【Kenshi】プレイ日記38【第2拠点を作る】

今回は第2拠点を作ろうと思います。

現状、完全に隔離された状態のサッドニールさん。

このままでは外に出た瞬間に狙われることになりそうなので、ホーリーネーションの土地ではないところに建物を建てることにしました。

目星をつけたのはここ。

水没した遺跡がある川の出口付近です。

浮浪人の村もあり、アーマーキングの店もあるので便利かなと。

北の方の遠征に行った後に立ち寄って回復するのも良い場所です。

川を泳いで帰還したほうが山道を通るより面倒がなくて楽なので利用させてもらってます。

とりあえず場所だけ確認して帰りにアーマーキングのお店へ。

ダスターコートの傑作等級が売ってたので購入して一旦帰還しました。

これで酸性雨に耐性のあるメンバーが4人になりました。

その後、味を占めたのか再度立ち寄るとまた売ってたので購入。

これで5人に。

拠点で建築資材の準備をしてサッドニールを連れ出すことにしました。

道中で巡回中のパラディンに遭遇しないかヒヤヒヤしましたが、誰にも会わずに川までたどり着くことができました。

川に入ったのはいいものの…。

沈んでる…!

機械だから重いのか川底を歩いて移動しているようです。

泳いでいるわけでもないのに上がっていく水泳スキル。

水泳とはなんなのか。

無事にたどり着いたので早速ストームハウスを建設。

サッドニールに入ってもらい、何かあったらいけないので扉を閉めて施錠。

結局隔離されてる…!

一応浮浪人の村にスケルトンを連れて行っても大丈夫なのか試してみました。

恐れられているようですが、敵対されるようなことはありませんでした。

これで北の方の探索に連れていけます。

プレートジャケット

帰りにアーマーキングのお店に立ち寄りました。

なんとなーく性能を見てみると、プレートジャケットの傑作等級を見つけて『これ良さそう。』となりました。

斬撃、打撃耐性も高く酸性雨の耐性も40%ついてます。

中鎧クラスなので、戦闘スキルにマイナス効果もありません。

重鎧は戦闘スキルにマイナス補正がついたり、攻撃速度が下がったりと、それなりにデメリットがあります。

隠密スキルがマイナスですが、普段あまり使うこともなく、デメリットはそれだけなので買って防衛隊のメンバーに装備させることにしました。

重さは5kgもあり、意外と重いなーと思ってました。

…が、ダスターコートの方が重かった!

その重さはなんと7kg!

ただのコートに見えるのに…。

内側が鉄板で埋め尽くされてるとかなんでしょうか…。

これで一安心?

拠点に戻り『これで第2拠点も始動したし、安心だなー。』と思っていたのも束の間。

何かが第2拠点に向かってきてるとお知らせが…。

早速マップで確認。

怪しげな研究所から湧き出る部隊。

英語表記の名前だったので分かりませんでしたが、ここから湧き出すということはカニバル関係で間違いないだろうと思いました。

まだ距離あるから間に合うだろうと思ってると、意外と移動が速い。

拠点に戻ったばかりなのにまたすぐ第2拠点に向かう羽目になりました。

拠点の壁にて。

どうやって登った…!?

まだ階段を付けてないので登れないハズ…。

そんなことより急いで第2拠点へ。

自分達が川を泳ぎ始めた頃、圧倒的スピードで拠点に向かう敵勢力。

無理無理。

まぁ間に合わなくても画面を切り替えなければイベントは発展しないので、そのまま待機してもらうことにしました。

しばらくして上陸。

拠点に近づくとイベントが発生。

やはりカニバルか…。

というか喋れるんだな。

カンヘッドにその肉を差し出せという感じのセリフでした。

肉!肉!

肉といっても建物の中には機械で出来たスケルトンしかいませんが。

このまま戦闘になるだろうなーと思って眺めてましたが、なぜか回れ右して帰ろうとし始めました。

建物の扉が閉まってて施錠してあったのがいけなかったのか…?、それともスケルトンしか居なかったから肉が取れないとでも思ったのか…?

立ち去っていくカニバル達。

あの…本拠地に帰ってすぐ戻ってきたんですが…?

戦闘は?

ここまで来た労力はなんだったのか。

結局なにもないまま本拠地ロディアに帰還。

とりあえず買ってきたプレートジャケット(白)を渡しました。

見た目はこんな感じ。

まとめ

とりあえず2つ目の拠点が完成しました。

まさかカニバル勢力が向かってくるとは思ってませんでしたが…。

これからまだ色々と起きそうです。

第2拠点はベッドを置いたりして休憩所のような感じにしたいと思います。

ではまた次回。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください