【Kenshi】プレイ日記56【本拠地に力を入れる 前編】

本拠地は結構広い範囲を壁で囲ってしまったので、まだスペースが空いてます。

そろそろそこら辺をどうにかしようと動き始めました。

建物の建設

戦闘が良く起こる門の近くに監視塔を建設して8人いる防衛メンバーのうち4人を待機させます。

監視塔の屋上にハープーン砲台を三基設置。

門の近くの防壁にもハープーン砲台を作って砲手を配置させてます。

この監視塔には3人の防衛メンバーに待機してもらうことにしました。

もう一つの門の近くにも監視塔を建てて、さらに近くにY型の家を建設。

木が生えてるところに建設するんじゃなかった…。

おかげで屋上から木が生えた家に…。

中には丸テーブルを設置して周囲に箱椅子を並べ、奥にコンロを設置しておきました。

ここで待機すると食料が置いてある建物までが遠いので、この周辺に畑を設置して食料を近場に確保する予定です。

仲間を増やす

インポート後は汎用NPCが各地の酒場に沸いてるので、手当たり次第仲間に入れていきます。

まずは近くのブリスターヒルから。

酒場に入り会話をしてお金を払って仲間に。

その後すぐに仲間になった人の装備を酒場の店主に売って身ぐるみを剥いでしまう。

拠点に戻ると結局装備を変更することになるので、手間を省くために。

新しく加入した仲間は拠点でエッジ二式の武器や傑作等級の防具がすぐ装備できるので、かなり優遇されてると思います。

遠征メンバーで護衛をしつつ拠点に帰還。

装備を整えて、仕事を割り当てて完了。

といった感じでやっていきます。

ブリスターヒルが終わったらバッドティース、スタック、ワールドエンド、ハブにいって同じことを繰り返して仲間を増やしました。

別の種族がいても大丈夫なのか

別の種族(シェクとハイブ)も仲間にしたので、ブリスターヒルに入れるかどうか試すことに。

門番が見逃してくれたので、あっさり入れました。

まぁでも周囲の目は冷たかったです。

スケルトン以外は大丈夫なようなので本拠地メンバーとしてやってもらうことにしました。

これで仲間の総数は50人になりました。

シェクとハイブの人は労働が不向きということで防衛メンバーに。

部隊名も少し変更して、職人を町人に。

部隊の役割

砲手は砲台からの監視役(戦闘時には砲台から射撃します)。

防衛は拠点で戦闘が始まった時の近接戦闘役。

遠征は遠出する人達。

町人は戦闘はあまりせず、仕事をする人達。

第2は第2拠点の人達。

という具合に分けてます。

まとめ

ここまで人を増やしましたが、まだ人手不足です。

今までは防衛メンバーも畑仕事などをしてましたが、しっかり役割を分けようと思ったので新しく加入した町人に防衛メンバーがやっていた作業を引き継ぎました。

なので、新しく畑を設置したりがまだできてません。

ちなみに地図を見てみると…。

塔のようなアイコンだったものがブリスターヒルなどと同じものに!

「大きくなったなー」と改めて実感しました。

現在の全景

まだ中央部分が空いてるので、畑を作ったり建物を増やしたり人を増やしたりして発展させようと思います。

ちなみにF7キーがGUIということに今さら気づきました(笑)。

ではまた次回。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください