【Kenshi】プレイ日記57【本拠地に力を入れる 後編】

前回の続きです。

新しく仲間を3人加入させました。

そして畑を増やし、コンロ担当1人と畑担当2人に分けました。

飢えた野盗がしょっちゅう来て防壁の砲手を狙ってくるので、建物を建てて砲台を設置しておきました。

これで防壁の上の砲手が狙われても建物の屋上から狙えます。

種族が人間でもグリーンランド人とスコーチランダーに分かれており、それぞれ種族特性が違います。

なのでスコーチランダーの人達を仲間に加えて砲手にしました。

スコーチランダーは労働や農業がマイナスに。

グリーンランド人はマイナスは無く、農業がプラスです。

トレーニングルーム

ストームハウスを建てて戦闘のトレーニングルームを作りました。

スキルは16までしか上げられませんが、オール1の人がいるので底上げのために。

打たれ強さなどは実戦しないと上がらないので気休め程度です。

別の種族の仲間を第2拠点へ

別の種族の3人が本拠地に居ましたが、巡回中のホーリーネーションのパラディンに見つかると攻撃されたり、町に報告しに行ってホーリーネーションアサルトがやってきたりと面倒なことが起こったので第2拠点に移動させました。

やってきたホーリーネーションアサルトは男性で話しかけて選択肢の一番上を選ぶと戦闘を回避できたので一安心。

第2拠点に居たモムソーとナイフを本拠地の防衛部隊に。

カニバルレイドの頻度が増えてる対策

大呪術師を倒したからか、明らかにカニバルレイドの頻度が上がってしまったので第2拠点の防壁に砲台を設置。

第2拠点に移動したメンバーを砲手担当に。

ちなみに捕まえた大呪術師はリバース鉱山で真面目に働いてました。

まとめ

今回はなぜか苦戦しました。

主にやり直し的な意味で。

スタートして仲間を加えてあちこち走り回ってたらクラッシュ。

遠征隊に巨躯のレーンを加えて探索しようとしたらパラディンに話しかけられて、引き渡せと言われたので断ったら襲ってきたこともありました。

仲間を引き渡すことなんてできるわけもなく。

まぁその戦闘の後、ホーリーネーションアサルトが複数回やってきて仲間が数人しんでしまったりしましたが…。

こまめにセーブしてなかったこともあり3~4時間分が無駄になったことも。

やり直したのは4~5回ぐらいでしょうか。

「またやり直しかよー」と思いつつ何故かすぐやり直して続けてしまう。

それがKenshi…。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください