【PC】Mark of the Ninja プレイ日記【感想】

Steamのサマーセールで買ったうちの一つ、Mark of the Ninja。

簡単に言えば横スクロールのステルスアクションゲーム。

世の中、忍ばない忍者が多い中でこれは忍ぶ忍者してます。

20160701154539_1

相手の視界に入らないようにツボの裏や天井に隠れ、速やかに移動もしくは暗殺をする。

明かりの下にいるとかなり見つかりやすくなるので、天井の照明を壊したりしつつ進んでいきます。

視界だけでなく音も重要になってきます。

20160701154601_1

このように円で音の範囲が出てくるので、敵の注意を音の出た方向に向けさせることも可能。

ステージが進むごとにセンサーやレーザー、爆弾などの罠も追加されていき、難易度が上がっていきます。

操作は意外と簡単ですが、箱の横から下に回り込むときなど上手くいかなくて少々イライラする場面もあるかもしれません。

変なところでジャンプして敵に見つかって、なんでそこジャンプしてんの!という場面もあったり。

狭い通路から部屋を確認して敵の数や照明、隠れる場所を把握してどうやってこの部屋を突破しようかと考えつつ進む。制限時間などは無いので、じっくり考えられるのは良かったです。

20160702012836_1

なにも見えない隣の部屋も

20160702012840_1

壁に寄りかかれば見えてくる。

ノーキルクリアもできますが、自分には合ってないなーと思い、普通に暗殺しながらやってました。

一通りクリアしましたが、個人的には結構やりごたえがあって面白かったです。

ではまた次回。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください