子供の頃に遊んだファミコンのゲーム その1

懐かしきファミコン。

そういえば何やってたっけなーと、ふと思ったので書き記しておこうと思います。

ドラゴンクエストシリーズ

はい、超メジャーですね。

FC版ドラクエ1は主人公がずっとこっちを見て移動していて

話すコマンドで『きた、にし、ひがし、みなみ』がありました。

そして有名な『ふっかつのじゅもん』

コンティニューやオートセーブなんてもちろんありません。

一字一句間違えずに王様の言葉をチラシの裏にメモっていたいい思い出です。

たまに親にチラシを捨てられて絶望したこともあります。

たいまつがないとダンジョンに入っても真っ暗で何も見えませんでしたが、何周かしているうちにマイラの村からリムルダールに行く洞窟だけは覚えてしまい、途中から真っ暗でも進めるように…。

2になると1より文字数が増えます。

レベルも上がって行けるところも増え、ふっかつのじゅもん書いて

次始めようとしたときに間違えていたため、挫折したいい思い出。

セーブは3からでしたが、みんなのトラウマ

『おきのどくですがぼうけんのしょ1ばんはきえてしまいました』の文字と音楽。

画面の前の自分呆然。

石化とはまさにこのことかと。

と、ネガティブな事ばかり書いてるような感じになってしまいましたが、データが消えようと何周もしたいい思い出です。

ドクターマリオ

簡単に説明すると赤、黄、青のウィルスをマリオが投げるカプセルで消していく落ちゲーです。

青色のウィルスがお気に入りだったなー。

最後まで青だけ残しておいて最後に青を消すほどに…

好きなものは最後に残すタイプなのがバレバレですねw

ドラクエの事でたくさん書いてしまったので

続きはまた次回書こうと思います。

ではまた!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。