ブラッドボーン【やっとトゥメル=イル突破】

DLCも一通り終えたので、攻略していなかった聖杯ダンジョンに行ってきました。

トゥメルの冒涜からスタート。

道中でNPCが呼べるようになってましたが、ボスの体力半分以下ぐらいになると輸血液が尽きたのか途端に回復しなくなり、無情にもそのまま霧散。

自分の腕でタイマンは無理だったので、友人に助っ人してもらいなんとかクリア。

攻撃は友人とNPCに任せて自分はDLCで手に入れた弓を撃っていただけというチキンっぷりを発揮しつつ、いよいよトゥメル=イルへ。

ここで友人と別れ、ソロで攻略することに。

『あれ、ここ体力半減じゃないのか。』

トゥメルの冒涜は自分の体力が半分になり、ボスの攻撃でほぼ即死という鬼畜仕様だったので、トゥメル=イルもそうなんだろうなと思っていた自分の予想が外れ、少し拍子抜けしてしまいました。

『よっしゃー!体力が元の状態だから楽だろこれー!』

と、調子に乗ってサクサク進もうとしたものの敵の攻撃でくらうダメージは大きく、何回か灯りに強制送還されるという始末。

第一層ボスはパリィできたので、これならいける!と一発クリア。

第二層は何回か灯り送りにされてものの、わけがわからないままなんとかクリア。(適当に輸血ぶっ刺しながら叩いてただけ。)

ここで力尽きたので翌日に持ち越し。

第三層は初見でしたが、ちょうど友人と時間が合ったのでマルチでクリア。

冒涜でのチキンっぷりを発揮せずしっかりと貢献した…はずです。(弓は使いませんでした。)

感想としては、体力が半分のせいもあって冒涜の方が難しかったです。

トゥメル=イルは体力が元の状態だったので気持ち的に楽でした。

後は血晶マラソンが待っている…

では、また次回!

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。