【Kenshi】プレイ日記43【遠征から帰ったらやること】

遠征に行った後は、武器や防具保管庫が溢れてます。

保管する場所が無くて仲間の作業が止まってるほどです。

なので遠征から帰った後は、出来上がった物を売り捌く事から始まります。

防具は全員が傑作等級のものになりましたが、それでもまだ作ってもらってます。

長期遠征時に作ってもらうもの

個人的にオススメの売り物として革のタートルネック。

インベントリのマスも小さめ、そして製造するのに時間がかかるので長時間遠征にもってこいです。

売り値も熟練等級なら4,000キャット以上、傑作等級なら6,000キャット以上になります。

遠征から帰って町に売りに行くと5,6万キャットの収入が得られます。

問題は店主の所持金が決まっていて、すぐ無一文状態になってしまうこと。

この店主は6,225キャットしか持ってません。

店主の所持金は最高で25,000キャット。

一度に全部売りたくても売れず…。

次の日になると所持金が復活してるので2,3日かけて保管庫を空にします。

明日もまた売る物持って来るから金用意して待ってろよ!

そんな事を繰り返し、自分達の所持金は280万キャットになりました。

主にブリスターヒルで売り捌いてるので、ブリスターヒルの資産は一体どれだけあるのだろうか…。

アーマーキングで武器を売らない方がいい

町で武器や防具を売ると翌日の開店時には全て無くなってます。

…しかし、アーマーキングに武器を売り捌いてはいけない。

自分達の売ったものがそのまま残ってしまって邪魔に。

こんなことになるとは…。

まとめ

遠征に行った後は大体こんな感じです。

町との往復の方が忙しかったり…。

アーマーキングの店で武器を売り捌いたのは失敗だったなーと思いました。

防具を売っても残ったままになるかもしれないので、買うだけにしたほうが良さそうです。

ではまた次回。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください