【PS4】ディアブロ3ROS【ヘルファイア・アミュレットを作ろう】

ちょいちょい記事に登場するヘルファイア・アミュレット。

パッチ2.4以前では鍵の番人を探すのにかなり苦労していました。

ひどい時はマップの端から端まで探し回らないといけない状態でしたが、アップデートによりある程度近くなると、ミニマップに矢印で表示されるようになり、かなり探しやすくなってます。

Diablo III: Reaper of Souls – Ultimate Evil Edition (Japanese)_20160122035906

こんな感じで紫の矢印で表示され、居場所がわかるようになってます。

さて今回はヘルアフィア・アミュレットとはどんなものなのか、作り方や利点、欠点などを説明していこうと思います。

スポンサーリンク

ヘルファイア・アミュレットの利点

ランダムでパッシブスキルの効果が付く

自分が普段利用しているパッシブスキルの付いたアミュレットの場合、パッシブスキルが1枠空くことになり、空いた枠に火力系のパッシブや、防御系、リソース回復系のパッシブを好きに付けて足りない部分を補ったり、長所をさらに伸ばすことができる。

割と作成しやすい

2章から4章までの鍵の番人を倒した時に出る器で行けるエリアの素材が各1個ずつ必要なだけなので、作成は簡単。

少しの時間ですぐ作れる。

確実にソケットが空いている

せっかく作成したのにソケットが空いてないということがなく、ソケットをつけるためのリロールが必要ない。

欠点

こだわって作るとものすごく時間がかかる

素材集めも割と簡単で、短時間で作成できるものの、自分の思った通りのものを作ろうと思うともの凄く時間がかかってしまう。

運が良ければ一回で出来るかもしれない。

Diablo III: Reaper of Souls – Ultimate Evil Edition (Japanese)_20160130173416

自分が作ったものです。

レジェンダリージェムが付いていて見にくいかもしれませんが、集中射撃のパッシブが付いてます。

まだ満足できてないので、作成は続けるつもりです。

結局自分が一番こだわってしまっているかもしれません。(笑)

作り方

まず、アドベンチャーモードの2章のスクワート(商人)から図面を買う。

2章、3章、4章の鍵の番人を探して倒して器を手にいれる。

ニュートリストラムの治癒師の横の小屋の扉をぶち破ると出来る入り口に入り、器を使用するとゲートが開くので、そこのボスを倒すと手に入る素材で作成。

作成は鍛冶屋で行う。

素材は各1個ずつ必要。

思ったものができなかった場合、キャラ選択画面に戻り番人探しからスタート。


鍵の番人の居場所は地図に鍵のマークが表示されている。

Diablo III: Reaper of Souls – Ultimate Evil Edition (Japanese)_20160125105349


器を使う場所はここ。

すでに扉が開いてますが、通常は扉が閉まっています。

Diablo III: Reaper of Souls – Ultimate Evil Edition (Japanese)_20160130173903


まとめ

パッチ2.4から番人探しが楽になり、作成の難易度が下がったのでGRやNR周回の合間の息抜きに作ってみてはいかがでしょうか。

思った通りのものができればラッキー程度の軽い考えで作ったほうが精神的にいいと思うのであくまで息抜きとして。

ではまた次回。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。