【Kenshi】プレイ日記54【カニバルの大呪術師】

前に行った怪しい研究所の内部。

いかにも罠ですと言わんばかりのアイテム配置。

まぁ実際罠なんですが(笑)。

このまま登っていくとカニバルと戦闘になります。

今回はカニバルの村に突撃です。

まずは不憫なカニバルの村へ様子を見に行きました。

しばらく様子を見てましたが、平和そうでした。

とりあえずグリフィン単騎でここまで近づきます。

そして酋長探し。

数人居ましたが賞金は懸けられませんでした。

このままグリフィン単独で突撃しましたが、一人でもなんとかなってしまいそうだったので慌てて残りのメンバーを向かわせました。

ちなみに漁夫の利じゃなかったのはこれが初です。

無事に制圧できたので、酋長はとりあえず担いでおくことにしました。

ついでにDead Catにも行ってみることに。

結構な数の酋長と、一番上の立場であろう人が。

カニバルの大呪術師。

賞金は40,000キャット。

酋長の護衛がついてます。

Dead Catの場所を地図で確認するとカニバルの首都でした。

「このまま首都を制圧してしまおう」というわけで突撃!

酋長などが喋ってるところは見かけませんでしたが、どうやら大呪術師は喋れるようです。

喋ってる間にどんどん仲間が減ってるが大丈夫なのだろうか。

遅れてやってきた大呪術師。

カニバルもほとんど倒してしまったので、1vs多数の状態に持ち込んで倒しました。

そして、結構な数の酋長と大呪術師を担いで砂漠の街のPoliceへ。

賞金が10,000懸けられてる酋長を引き渡し。

檻に入れられた酋長は奴隷として連れていかれました。

大呪術師はホーリーネーションのブリスターヒルに担いで持っていきました。

ブリスターヒルにもPoliceがあったので早速受け渡し。

ダストキングを受け渡した時は、受け渡しの時の選択肢で上を選ぶと報酬が貰えなかったので、報酬についての交渉をする選択肢を選んでみることにしました。

小言を言われたあと、報酬は貰えましたが友好度は上がらず。

その後、大呪術師は奴隷にされてリバース鉱山に連れていかれました。

報酬が懸けられてない酋長は第2拠点の檻へ。

拠点の檻に入れてからしばらくすると、普段は減らなかった空腹度が減ってました。

「いつの間にかいなくなってたのはこのせいか」と。

まとめ

拠点の檻に入れた後に残りの見つけておいた村の制圧をして、カニバルの主要都市や村はほぼなくなったと思います。

ホーリーネーションとの友好度を上げるならボランティアをするしかなさそうです。

ではまた次回。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください