【討鬼伝2】使っているミタマの組み合わせ【槍練習用】

最近になって槍の楽しさに気づき、練習を始めました。

現在使っているミタマの組み合わせを紹介しようと思います。

槍練習用ミタマの組み合わせ

スタイル【防】徳川家康:恵愛、堅甲増加、磐石の布陣

アラタマ【攻】真田幸村:正面突破、高速の槍捌き、日本一の兵

ニギタマ【献】後藤又兵衛:心技体、反撃の要塞(魂呼強化・防壁)、覚悟の突撃

防御ゲージのおかげで溜め中でも怯まなくなり、火力はアラタマで補っていくスタイル。

事故ってもニギタマのおかげで安心。

この構成で組み合わせスキルが3つ発動します。

発動する組み合わせスキル

友情の絆:気力の最大値が少し上昇する

好敵手:攻撃力が少し上昇する

大坂の陣:攻撃力、防御力、体力の最大値が上昇する。


組み合わせスキル+心技体+盤石の布陣でステータスの底上げが可能。

体力は最大1500なので心技体と盤石の布陣で1500になります。

体力1000→1500(500上昇)

気力1000→1100(100上昇)

攻撃力1013→1105(92上昇)

防御力1445→1645(200上昇)

防御ゲージのおかげで怯みませんが、状態異常には弱い。

料理で補うことができますが気絶や凍結などには注意が必要。

使わない場合は同行者に癒スタの真鶴を連れて行きましょう。

本多忠勝を使用した組み合わせ

家康の他に本多忠勝もおすすめ。

【防】本多忠勝:堅甲増加、他はお任せ。

後のミタマは上と同じ構成。

挑発系を強化して防御をさらに高めるか、体力があまり減らないのを利用して紫電一閃を付けた構成も可能。

本多忠勝の場合も組み合わせスキルは3つ発動します。

発動する組み合わせスキル

友情の絆:気力の最大値が少し増加する。

槍の道:突き攻撃の溜め時間を短縮する。

三つ揃い「戦」:気絶状態にならなくなる。


家康の組み合わせには劣るものの心技体でステータスを底上げしてあるので死ににくいです。

気絶状態にならなくなるので、気絶が鬱陶しい鬼を相手に有利に立ち回ることができ、事故が減ります。

料理で凍結無効あたりを使用すれば止まること知らずになります。

以上、槍練習用としてのミタマの組み合わせでした。

慣れてきたらスタイルを他のものに変えてみたり前田慶次や運慶などを入れた構成を考えてみるのもよさそうです。

ではまた次回。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。